検索結果の構成

検索結果画面というのは、自身のサイトをまだ知らないという閲覧者にとってはトップページのような印象を与える重要な画面であると言えるでしょう。近年ではこの検索結果画面は非常に多くのバリエーションが見られるようになっているようですが、SEO対策を真剣に考えているのであれば、この検索結果画面の構成要素などを探ってみることも大切なのではないでしょうか。

Googleでは、ユーザーが検索をした際、できる限り早く、シンプルに目的達成を叶えられるようにという目標を掲げて開発をしているようです。

検索のキーワードから表示された検索結果をひとつひとつクリックすることなく「そのサイトの情報」をある程度わかるようになっていたり、その簡潔な説明などを頼りに、閲覧者は「より目的達成に必要とされるサイト」をいち早く判別することが可能となってきているようです。

検索結果は主に3形態に分類されているようで、「ユニバーサル検索」「サイトリンク」「ナレッジグラフ」と呼ばれ、時事的なキーワードに対し、ニュース検索が表示されたり、人物名やキャラクター名などの場合、画像や動画が表示されるように、ウェブページだけに関わらず、いろいろな結果が混在しているものを「ユニバーサル検索」、クリックされる回数の多いサイトが自動的に検索結果の下に表示されるものを「サイトリンク」、ある「モノ」の属性情報が表示されるものを「ナレッジグラフ」と呼ばれているようです。

検索キーワードにもよるようですが、近年では様々な携帯の検索結果が表示され、ユーザーにとってはどんどんと環境が良くなっていると言えるでしょう。

SEOmarket Web制作上級者の貴方にのトップへ