閲覧者の目的を探る

検索エンジン最適化の目的というのは、検索されたキーワードから閲覧者の目的に合わせるようにサイト内のコンテンツを充実させながら、サイトの構造を構築していくことと言えるでしょう。

閲覧者の目的を正しく読み取ることができれば、最適なキーワード設定にも繋がるでしょう。

それがうまく作用することで、サイトの閲覧数は増え、結果的に検索上位に表示されるようになるのではないでしょうか。

閲覧者というのは、それこそありとあらゆるキーワードを使って検索すると言えるでしょう。

「上野 美術館」や「原宿 スイーツ」などといったように、キーワードの組み合わせから何を求めているのかを読み取る力は、反対に、自社サイトへのリンクとして上手にキーワードを設定できる力があると言えるでしょう。気軽に検索のできる現代では、それこそ閲覧も秒単位で変化している時代とも言えるでしょう。

試しに何かのキーワードから検索結果を表示してみてください。

検索上位に表示されているサイトというのは、必ずといっていいほど閲覧者が求めている情報が一目で分かるようになっているサイトばかりなのではないでしょうか。

例えばアクセス方法や写真、利用者の声、営業時間といった情報が挙げられるでしょう。

お店の押したいポイントとともに、単純に閲覧者側がに求めているシンプルな情報でキーワード設定をしておくことも大切でしょう。

押したいキーワードだけでサイトを構成してしまった場合、ピンポイントな検索をかけなければヒットしないため、なかなか閲覧者は増えていかないという危険性があるでしょう。

オリジナリティというものは非常に大切ですが、それ以前に「知ってもらう努力」ということはもっと大切なのではないでしょうか。

SEOmarket Web制作上級者の貴方にのトップへ