目的に対しての設定

サイトの閲覧者というのは、検索結果に表示されたサイトが自身の目的を叶えてくれるサイトであるかどうかを判断してサイトを閲覧するか否かを判断していると言えるでしょう。

そのため、自身のサイトの順位がどのくらいかということも重要と言えるでしょう。それとともに、クリックされているかどうかというポイントも非常に重要になっているのではないでしょうか。

インターネットを利用している人々それぞれが、目的に合っているようだと感じられるサイトの情報を検索結果ページに演出することができれば、検索結果の表示回数に対するクリック数を表すクリックスルー率をグンと上昇させることができるのではないでしょうか。

検索結果に表示される説明文などを工夫し、分かりやすく魅力的なサイトと思ってもらえるようにすることが望ましいでしょう。

そのためには、どういった目的を持った人に来て欲しいサイトであるのかということや、その目的を持った人がどのようなキーワードで検索をかけてくるかを予想し、うまく設定した上で検索結果に自身のサイトをインデックスしてもらう必要があるでしょう。

こちら側だけの情報発信だけのサイト作りしかしていなければ、そのサイトの閲覧者の数字は平行線のまま、もしくは低下していく一方という状況に陥ってしまうのではないでしょうか。

サイト作りの際には、第一に広く周知してもらうと言ったイメージで、単純明快な説明やサイトマップなどを活用し、閲覧者にとって快適な環境作りを目指していくと良いでしょう。

SEOmarket Web制作上級者の貴方にのトップへ