スマートフォン対応の必要性

スマートフォンに対応していない Web サイトは、スマートフォンの検索エンジンの結果では、検索順位が上位に表示されません。皆さんのサイトを訪れるターゲットダッジを、逃さないためにも、皆さんの Web サイトが、スマートフォンに対応しているかどうか、または、スマートフォンでも利用できる技術かどうかなどといった、確認や認識が必要となってくるでしょう。実際に、スマートフォンに対応できるサイトを作りは、その一つの要素として、Web サイトのデータを、スマートフォンなどの画面サイズに合わせてデザイン性を変化させて表示するといったような、対応も試みられているようです。また、パソコンに表示されるサイト内容とは、異なる形でスマートフォンユーザーに向けて、特殊に表示されるソース対応などもあるようですが、様々な対処法に関しては、サイト運営に、それぞれコストが発生することになりますので、皆さん自身の運営に合わせた形で、スマートフォン対応をご検討なってみてください。

ターゲットとコンテンツ

Googleは、完壁な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズに一致するものを返すエンジンであると言っています。

そこで、何が大事なのか項目ごとに見ていきましょう。

①ターゲットの想定
ユーザーがどのような意図で検索しているのか、どのようなニーズを持っているのかなど、ターゲットを深く分析します。一般的なマーケティングで必要となるターゲット分析は SEO対策でも重要です。検索キーワードを元に検索者の意図を汲み取ることで、ターゲット像を把握します。

②コンテンツの作成
ユーザーニーズを満たす情報を与えるためWebサイト内にコンテンツを作成します。ユーザーニーズを満たすことは、ユーザーが求める情報を詳細かつ網羅的に説明することを指します。ユーザーニーズに向き合わず、一方的にユーザーに伝えたい情報を掲載しているWebサイトも少なくありませんが、それではGoogle から高い評価を得られません。

③コンテンツの価値を伝える施策
ターゲットの想定でニーズを把握し、そして求められるニーズに一致するコンテンツを用意します。続いて必要となることは、コンテンツの価値を伝えGoogleにしっかりと評価されることです。そのためには、コンテンツを保持するサイト構造をはじめ、 HTMLタグの記述方法などWebサイト制作における具体的な対策が必要です。いわゆるSEOとしてよく取り上げられる施策を指すものであり、 SEO施策から一般的に想定される内容です。

SEOmarket Web制作上級者の貴方にのトップへ